虚空蔵尊例祭に因んで

二月十二日(宵祭)・十三日(本祭)は、別所虚空蔵尊の恒例の例祭である。この祭礼は当地にとってはひとつの季節の節目と考えられている。この行事が終えると、それまでの冬の厳しさから一転して春の陽気なこころ持ちになる。雪国ならではの感触である。
今では野菜や果物にしても、一年を通じての季節感が感じられない。生活はどんどん便利になって、余り努力せずとも希望するものが容易に手にすることができ、良き時代である。

かつては自分の欲しいものを手にするためには相当の努力や歳月を積み重ね、自らの汗水が必要であった。そこには手に入れた充足感や喜びというものがあったが、残念ながら今日では次々と欲望だけが先行して満足感を味わう事が少なくなってきた。
それだけではない。手に入れるために努力したその過程で、知らず知らずのうちに社会との共存や暗黙の秩序・ルールというものも身に付けたものである。今は自分の尺度からしか判断出来ないものが多い。許容範囲が狭くなれば、自ずと自分の考えから少しでも外れると我慢ができなくなってしまう。一方的に社会が悪い、国が悪い等といって相手に矛先を向けてしまう。これは便利さからうまれた弊害というものであろう。それぞれ自分勝手な事ばかり言っていては、混乱を招くばかりか社会が荒んでしまう。

この頃の食べ物の無駄使いも目に余るが、これは自然界に対しての傲りといってもいいし、こころの傲りでもある。人間の身体には栄養が必要であるように、こころにも栄養が必要である。損得勘定のない物を生かし相手を活かす姿は、周囲に潤いを与えるものである。                         (平成二十八年 虚空蔵尊)