下田公民館

7月11日、三条市の下田公民館の17名の方々がお参りになり、諸堂拝観されました。

20130726-214308.jpg

20130726-214346.jpg

20130726-214432.jpg

カテゴリー: 拝観 | Comments Off

檀信徒研修旅行

毎年、当山においては檀信徒の皆様との親睦を深めるために、
各地へ研修旅行に行っております。
今回は、7月7日・8日の二日間、群馬県内の寺院を参拝してまいりました。
各寺院において、御祈祷をして頂いたり、またご法話を拝聴してきました。
7日の夜には、伊香保温泉に宿泊し、檀信徒皆さんの親交を深めることができ、
有意義な旅行になりました。
ご参加頂いた皆様、有り難うございました。

カテゴリー: 行事・山内活動 | タグ: , | Comments Off

7月の慈光寺

今年の七月一日の例祭では、昨年同様、精進料理についての話をして戴いた。
今年は特に前日からきて当日の献立までお願いした。素材ほとんど捨てること無く利用し、その生かし方にお勝手の人たちは多いに学んだようだ。食するということは、お腹を満たすためのものだけではなく日常の過ごし方、生き方にも繋がる。
食事が出来るまでにはいろんな関わりがある。お米一つとってみても、秋に刈り取るまでには多くの労力、水、温度、酸素、肥料、歳月、太陽といった沢山の関わりがある。
庫裡の裏庭は、いつも雑草で悩まされていたが、今年は考えを変え、そこにナス、胡瓜、トウキビといったものを植えてみた。小石だらけの土なので実らないかもしれないが、ナスは一個の収穫があったので他のものも期待して、毎日水をやりながら楽しんでいる。いま本を片手に毎日出る生ゴミを利用して土つくりをしている。
土に接して思うことがあった。大地はいつも呼吸をしているということ。当たり前のことであるが人間と同じように空気を吸い、その空気が大地の中にも枝分かれをして木の根や土の中の生き物たちが生きているということである。
しかしいつごろか人間はこの生態系を無視し、効率の良さ、便利さ、人間中心となり 大地と共に生きている生物を顧みなくなってしまったのではないか。人間の開発によって大地は呼吸不全を起こしているのではないか。人間が呼吸できるのも、いろんな関わりのあってのことである。

カテゴリー: 住職の一言 | Comments Off

鳴瀧不動尊例祭

去る7月1日、当山において「鳴瀧不動尊例祭」が行われました。
当日は、100名を超える多くの方々にお参り頂きました。

今回の例祭では、布教師の高梨尚之師にお願いし、当日のお斎の料理も作って頂きました。
こちらは、前日の胡麻豆腐作りの様子です。
20130703-143625.jpg

住職も少しお手伝い。
20130703-143637.jpg

当日は、朝早くからお勝手の皆さんに準備をしてもらいました。
たくさんの料理が並んでいます。これから、みんなで盛り付けです。
20130703-143653.jpg

仏様にお供えするお膳を盛りつけています。
20130703-143645.jpg

きれいに盛りつけて頂きました。
20130703-143708.jpg

大般若祈祷の後、布教師さんに法話をして頂きました。
20130703-143700.jpg

午前の法要・法話が終わって、皆さんに召し上がって頂きました。
20130703-143715.jpg

今回、例祭にお参り頂きました方々、また布教師さんをはじめ例祭に携わって頂きました皆様、有り難うございました。

カテゴリー: 行事・山内活動 | タグ: , , | Comments Off

記事掲載

先日実施された「慈光寺杉並木を守る会」による慈光寺参道の清掃活動について、6月25日付の新潟日報に記事が掲載されました。

20130626-140154.jpg

【追記】
7月7日付けの「五泉市民新聞」に、参道清掃活動および村松城下町ガイドの活動についての記事が掲載されました。

20130707-214253.jpg

20130707-220752.jpg

カテゴリー: メディア | タグ: , , , | Comments Off