天宗寺参拝団

去る10月17日(火)、魚沼市にある曹洞宗寺院の天宗寺様より、ご住職を含め9名の方々がお越しになり、当山を参拝されました。
今般、ご来山頂きました天宗寺のご住職は、当山住職が神奈川県にある曹洞宗大本山總持寺にお勤めさせて頂いた頃、修行僧として在籍していたそうで、二十数年振りの再会となりました。
お参り頂いた皆様には、諸堂を拝観して頂くなど、一時間ほど滞在していかれました。
20171017 天宗寺参拝団001

[wdi_feed id=”1″]

NHKの撮影が行われました。

先日、BSNの撮影が行われたことをお伝えしましたばかりですが、続いて10月23日(金)の午後にも、NHKの番組「ぷらっとわがまち」の撮影が行われました。
住職から慈光寺や地元の蛭野集落のことについて、紹介させて頂きました。
11月18日(水)の18時10分より放送予定ですので、どうぞご覧下さい。
20151023 NHK ぷらっとわがまち 002
20151023 NHK ぷらっとわがまち 001
20151023 NHK ぷらっとわがまち 003

禅体験 其の二十一

7月26日(土)、2組15名の皆さんが坐禅・精進料理・写経を体験されました。
今回、三条市の「鹿峠老人会」の皆さんと五泉市・阿賀町の教職員で構成される「ときわ会 五泉・東蒲支部連合会」の皆さんにご参加頂きました。
20140726201407262014072620140726201407262014072620140726

「鹿峠老人会」の皆さんは、中食後、住職の案内のもと当山が管理する「別所虚空蔵堂」をお参りされました。
一方、「ときわ会」の皆さんは、写経も体験されました。
201407262014072620140726

慈光寺研修旅行

7月13・14日の両日、慈光寺護持会および杉並木を守る会合同の研修旅行が開催されました。 今回の行き先は、福井にある曹洞宗大本山永平寺、そして京都の北法相宗大本山清水寺の両大本山で、1泊2日の強行スケジュールではありましたが参拝してきました。

一日目、最初の目的地である永平寺へ向けて、朝早くに村松を出発。途中、サービスエリアでの休憩をはさみながら、お昼頃に福井入りしました。永平寺参拝の前に、まずは腹拵えということで「越前竹人形の里」に立ち寄り、昼食を頂きました。
20140713
20140713
20140713

昼食後、十五分ほどバスに揺られ、永平寺に到着。
20140713

早速、勅使門前で記念撮影。
20140713
受付を通り、はじめに修行僧による案内を聞き、その後、各々自由に参拝しました。

「傘松閣(さんしょうかく)」 絵天井が広がります。
20140713

正面には、巨大な達磨図の軸が掛けてあります。
20140713

山門での様子。慈光寺住職が、山門に掛けてある対聯の文言について説明しています。20140713

「法堂」 この場所は、日々のお勤めや各種法要が行われるところです。20140713

法堂から仏殿側を望む。
20140713

「仏殿」 永平寺のご本尊様をお祀りしています。
20140713
20140713
この他にも、大庫院・浴司・祠堂殿など諸堂を回りました。およそ一時間半ほどかけて拝観させて頂いた後、永平寺を後にしました。

一路、京都へと向かい、夕方には宿泊先に到着。今回は清水寺の近くにあるホテル東山閣に宿を取りました。20140713

二日目、本研修旅行の二つ目の目的地である清水寺を参拝しました。 今回は、清水寺の参拝はもちろんのこと、森清範貫主さまとご相見させて頂くことが大きな目的となります。 以前、二度にわたり慈光寺にご来山頂き、ご法話賜りました。そのご縁によって、今回のお目にかかる機会を得ることができました。

「参道」
20140713

「清水寺山門」

20140713

寺務所へ
20140713
20140713

森清範貫主さま
20140713
20140713
ご法話頂いた後、皆さんと記念撮影。
20140713

清水寺の塔頭の一つ、成就院を見学。
20140713

清水の舞台
20140713
20140713

山門額
20140713

今回の研修旅行は、一泊二日という短期間の中で京都の地まで行き帰ってくるという、例年にはない、かなり強行的な旅行となり、参加者の皆様には大変なご苦労をお掛けすることになりました。それでも、道中の車内では大変賑やかな雰囲気で過ごすことができ、楽しい福井・京都の旅となりました。 また、清水寺の貫主さまのご法話を拝聴し、参加者一同、各々感じるところがあったのではないでしょうか。ただお寺を観光するというのではなく、お寺をお参りすることで各人の思いや信仰心を深めることにつなげて頂ければ、今回の旅行も有意義なものであったと言えると思います。これからも、このような意義有る研修旅行を続けていければと思います。 今年も、道中何事もなく無事に研修旅行を開催することができ、参加者の皆様には感謝申し上げます。有り難うございました。